国の制度を上手く利用してお金を貰いながらスキルアップ

職業訓練の詳細はコチラ

仕事についてこんなお悩みありませんか?


・毎日同じ作業を強いられてスキルアップの実感がない
・事務作業に飽き飽きしてしまった
・資格取りたいけど勉強する時間がなかなか取れない
・ストレスで会社辞めたけど再就職できるか不安

職業訓練とは?

公共職業訓練(ハロートレーニング)とは、キャリアアップのためのスキル習得や、希望する職種への就職に向けて基本的に無料で受けれる国の制度です。

働こうとする方、働いている方すべてが対象で、建築、製造、IT関連、事務、サービス、介護、デザイン等、多種多様な訓練コースを原則無料(テキスト代等は自己負担)で受講することができます。

また、場合によってはお金を貰いながら受講することも可能です。

本サイトでは、そんな知っていると得する職業訓練について丁寧に解説します。

職業訓練のメリット・デメリット

職業訓練のメリット


・専門的な訓練が原則無料(テキスト代等は自己負担)
・条件に当てはまる方は給付金や手当をもらいながら学べる
・実践的な訓練コースがたくさんある
・就職活動の幅が広がる

職業訓練のデメリット


・お金に困る場合がある
・訓練校によって当たり外れがある
・申し込みから受講までのやりとりが大変

職業訓練のFAQ

受講費用はどれくらいかかるの?

職業訓練は公的な制度であるので、受講料は基本的に無料になります。

ただし、一部テキスト代などは自己負担です。

職業訓練は誰が受けれるの?

職業訓練は、働こうとする方、働く方すべてが対象です。

ただし、訓練が終わっても就職する意思がない場合などは受講できません。

職業訓練にはどんなコースがあるの?

事務職に向けたパソコン・ITスキルの習得コース、医療・介護福祉関係の実務コース、機械、電気、金属加工、建築設備などの現場技能習得コースなど、多種多様な訓練コースが開催されています。

うたた
住宅リフォーム、OAシステム開発、Web設計、3DCADなどの時代のニーズに即したコースや、ネイルアートなどの女性向けコースも設置されています。
これからの時代で就職に有利なスキルを身につけられる訓練がおすすめです。

どれくらいの人が受講しているの?

厚生労働省のホームページによると、年間約30万人の人が受講しており、受講者の7割以上が女性です。

子育て中の方も安心して訓練を受講できるように、託児サービス付きの職業訓練もあります。

職業訓練校

準備中

職業訓練で取得できる資格

公的職業訓練(ハロートレーニング)には、第一種電気工事士、宅地建物取引主任者、介護職員初任者研修などの資格取得を目指すコースもあります。

例えば、

- 宅地建物取引士
- クレーン運転士
- 第二種電気工事士
- 基本情報技術者
- 介護職員初任者研修(ヘルパー2級)

のような資格を取得することができます。

職業訓練後の就職活動

準備中

職業訓練の体験談

準備中

© 2021 職業訓練ガイド